美白ケアのためのオールインワンゲルの選び方

subpage1

オールインワンゲルを日常的なお手入れだけでなく、シミやくすみの解消に役立てたい場合は、どのような物を選んだら良いのでしょうか?美白ケアにオールインワンゲルを使いたい時には、メラニンの生成を抑える成分や新陳代謝を活性化する成分が配合してある物を選んでみましょう。オールインワンゲルで使われている主な美白成分には、プラセンタやビタミンC誘導体、アルブチンがあります。

オールインワンゲル関連情報を紹介しています。

この他にも植物やお米から抽出したエキス、ベリー系の果実から抽出したエラグ酸なども美白効果を高めてくれる成分です。

皮膚科でも利用されているハイドロキノンは、色素を作り出しているメラノサイトに作用するので、予防はもちろんできてしまったシミにも効果を発揮します。

一流のgoo ニュース情報を検索しましょう。

他の美容成分よりも効果は高いのですが、その分塗った時に感じる刺激は他の成分よりも強くなります。



肝斑に効果的なトラネキサム酸は内服薬が有名ですが、この成分を配合しているオールインワンゲルもあります。
飲むタイプと違って気になる部分にピンポイントで塗れるので、できてしまったシミ・そばかすのケアに向いています。

大抵のオールインワンゲルは朝夜兼用になっているので、塗った後にクレンジングが必要になってしまう日焼け止め成分は入っていません。ですから屋外で活動する機会が多い方や日焼けしやすい肌質の方は、昼間は日焼け止め成分が配合してある物を使い、夜のお手入れでは日焼け止め成分が入っていない物を使う、と使い分けることで美白効果を高められます。